Windows 8.1 PreviewをVMware Playerにインストール

2013/06/28 Windows8.1P

Windows 8.1 PreviewのISOファイルが公開されたので、ダウンロードしてVMware Playerにインストールしました
今回は、64bit版をダウンロードしました
-> Windows 8.1 Preview ISO ファイル - Microsoft Windows

新規インストールが可能
一応、OSのアップグレードが前提のようですが、ISOファイルでは普通にVMware Playerに新規インストール出来ます

Windows 8のインストールではマイクロソフトのアカウントは後回し、または無くても出来ましたが、Windows 8.1 Previewの場合はインストール時に必要みたい
アカウントを持っていない場合は、インストール時に作成可能です

Windows 8.1 PreviewをVMware Playerにインストール -1

Windows 8.1 PreviewをVMware Playerにインストール -2

Windows 8.1 PreviewをVMware Playerにインストール -3

VMWare Toolsもインストール出来たけど、ユニティモードではちゃんと動かなかった
ごめんなさい、勘違いでした
普通に使えました

注目のスタートボタンは
結論から言いますと、これはスタートボタンではありません
スタート画面に簡単に行けるボタンです(笑)

Windows 8.1 PreviewをVMware Playerにインストール -4

Windows 8ではマウスで操作する場合、左端下までカーソルを持って行くとスタート画面のサムネが現れましたが、そんなことをしなくてもこのスタートもどきのボタンでスタート画面に行けるようになりました
あと、このボタンを右クリックでメニューが表示されます
シャットダウンの項目が追加されました

一番目立つ部分なので以前からどうなるのかと注目されていたスタートボタンですが、とんだ肩透かしをくらった感じですね
まぁあれだ、Windows 8.1のほんとの真価はここじゃないのよ!

たぶん…(震え声)
きっと、その他にも使い勝手が向上してると思います

起動後、スタート画面をスキップ
起動後、デスクトップ画面で表示できるようオプションが加わりました

Windows 8.1 PreviewをVMware Playerにインストール -5

タスクバーのプロパティを開いてナビゲーションのタブに移動します

Windows 8.1 PreviewをVMware Playerにインストール -6

「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェック

無償なので文句は言っちゃダメ
安定感は確実に向上してる
でも、過度の期待はしないほうがいいですよ