【Windows Technical Preview】セーフモード

2014/10/05 Windows10TP

Windows 8/8.1からセーフモードの起動の方法が変わっていますが、Windows Technical Previewでもそれは継承されています
通常の方法を確認してみましょう

セーフモード起動
まず終了のオプション画面を出します
これは完全シャットダウンをするときの画面と同じなので、わからなければ前回の記事を参照してください
-> 【Windows Technical Preview】シャットダウン | 砕け散る粛正

Troubleshoot -> Advanced options -> Startup Settings -> Restart ->

【Windows Technical Preview】セーフモード 1

【Windows Technical Preview】セーフモード 2

【Windows Technical Preview】セーフモード 3

【Windows Technical Preview】セーフモード 4

4)を選択する

【Windows Technical Preview】セーフモード 5

【Windows Technical Preview】セーフモード 6

F8を使ってセーフモードを起動したい
起動時にF8を使用可能にするには、Windows 8/8.1以前のブートオプションに変更します
※ すべての環境で動作するかはわかりません 自己責任でどうぞ

スタートボタン右クリック -> Command Prompt(Admin)管理者権限でコマンドプロンプトを起動

【Windows Technical Preview】セーフモード 7


ブートオプションをレガシーに変更する
bcdedit /set bootmenupolicy legacy

【Windows Technical Preview】セーフモード 8

コマンドプロンプトを終了し、電源OFF
PC起動時に、F8
タイミングは経験者ならわかるでしょう
うまくいけば、見慣れた画面が出ます

【Windows Technical Preview】セーフモード 9

ブートオプションを元に戻す場合は、管理者権限のコマンドプロンプトで下記を実行
bcdedit /set bootmenupolicy standard

ブートメニューにセーフモードを組み込む
PC起動時にブートメニューからセーフモードを選択できるようにします
※ すべての環境で動作するかはわかりません 自己責任でどうぞ

管理者権限でコマンドプロンプトを起動する
ブートメニューの状態を確認表示する
bcdedit /enum /v

Windows Boot Loaderのidentifierの値をコピーする
選択 -> Enterでコピー

【Windows Technical Preview】セーフモード 10

ブートメニューの表示は、今回は英語版のOSなので「Safe Mode」とします
日本語版のOSを使うときは「セーフモード」としてもいいでしょう
bcdedit /copy コピーをペースト /d "Safe Mode"

【Windows Technical Preview】セーフモード 11

コマンドプロンプト終了
msconfigを起動

【Windows Technical Preview】セーフモード 12

Bootタブ -> Safe Mode選択 -> Safe bootにチェック -> OK -> Restart

【Windows Technical Preview】セーフモード 13

【Windows Technical Preview】セーフモード 14

再起動すると、ブートメニューにセーフモードが追加され選択できるようになります
元に戻す場合は、msconfigのBootタブを開きSafe Modeの項目を削除すればいいです

【Windows Technical Preview】セーフモード 15

ブートオプションがレガシーのまま(F8を有効にしたまま)だと下のように表示されます

【Windows Technical Preview】セーフモード 16


- 追記 -
先日、ビルドアップデートをしたらデフォルトに戻ったので、アップデートの内容によっては再設定が必要になるかもしれません