【Windows 10】Bluetooth A2DP sink

2020/01/03 Windows

【Windows 10】Bluetooth A2DP sink_1

僕がWindows7からWindows10に今まで完全に移行しなかった理由の1つがこれです
スマホを音楽プレーヤーとしてPCとBluetoothで接続し、PCと繋いだスピーカーから音を出す
このような使い方はWindows10ではできません

Windows7では出来たのにWindows10では出来ないこともあるのです
スマホとPCをBluetoothで接続することは簡単にできますが、それは目的とは違うやつ
Windows10はA2DP sinkには対応してないため、メディアの音声の接続はどうあがいても無理なんです

何で対応してないのか理由ははっきりわからないのですが、A2DP sinkはメモリリークの問題を抱えていてマイクロソフトがそれを解決できず、結局A2DP sinkの対応を切ったではなかったか…?
確かWindows8からではと思う
そして今後、Windows10がA2DP sinkをサポートする可能性はほぼない

ではどうするか?
一応、代替案はあります
  • 仮想環境を作る
  • ドライバーをインストールする
  • 外部デバイスを利用する

仮想環境を作る
PCに、linux、またはWindows7などの仮想環境を作ってそこにスマホを接続する方法
androidの仮想環境を作るってのもありだけど、
はっきり言って、たかだか音楽を聞くのにここまでするかって話である

ドライバーをインストールする
ググれば、sinkのドライバーとか出てくるが信憑性がねえ…
人柱歓迎な人向けかな
一般人には絶対オススメしない

外部デバイスを利用する
結局、これが一番無難だろうか
USBドングルのお金とPCのUSBポートをひとつ消費することになるけどね
まあ、手っ取り早くて簡単ですよ

【Windows 10】Bluetooth A2DP sink_2

上に戻る